滋賀県東近江市の湖東記念病院で2003年、男性患者=当時(72)=の人工呼吸器を外して殺害したとして殺人罪で懲役12年が確定、服役した元看護助手西山美香さん(40)の第2回再審公判が10日、大津地裁(大西直樹裁判長)で開かれ、結審した。判決は3月31日に言い渡される。

 検察側は論告で「被告が有罪との新たな立証はせず、裁判所に適切な判断を求める」とだけ述べ、求刑はせず、西山さんの無罪は確実となった。

 弁護側は最終弁論で「(警察や検察は)事件性がない出来事を殺人事件に仕立て上げた。まさに空中の楼閣だ」と捜査を批判した。