【ワシントン共同】米プロバスケットボールNBAは9日、各地で行われ、ウィザーズの八村塁は本拠地ワシントンでのグリズリーズ戦に先発出場し、グリズリーズとツーウエー契約を結ぶ渡辺雄太も第1クオーターの終盤から出場した。試合はウィザーズが99―106で敗れた。

 鼠径部の負傷から3日の試合で復帰後、3試合連続で先発した八村は25分弱プレーし、12得点、11リバウンドで、復帰後初めて2部門で2桁の数字を記録する「ダブルダブル」を達成。渡辺は約10分で無得点、1リバウンドだった。昨年12月14日、グリズリーズの本拠地で行われた試合以来、2度目の直接対決となった。