【ワシントン共同】米プロバスケットボールNBAは1月31日、オールスター期間中にプロ2年目までの若手による米国選抜と世界選抜が対戦する「ライジング・スターズ」(14日・シカゴ)の出場選手を発表し、ウィザーズの八村塁が世界選抜に選ばれた。八村は「すごく楽しみにしているし、いい経験になるのではないか」と話した。

 両選抜の選手は10人ずつ。NBA各チームのアシスタントコーチの投票によって決定し、米国選抜はヤング(ホークス)モラント(グリズリーズ)ウィリアムソン(ペリカンズ)ら、世界選抜はドンチッチ(マーベリックス)クラーク(グリズリーズ)らがメンバー入りした。