【ブリュッセル共同】日本と欧州連合(EU)の経済連携協定(EPA)が1日、発効から1年となるのに合わせ、EU欧州委員会は日本との昨年2~11月の貿易概況を発表した。輸出が前年同期と比べ6・6%増、輸入は6・3%伸びた。EU産ワインの輸出は17・3%、バターは47・8%の大幅増となった。

 日欧EPAは国内総生産(GDP)合計で世界の3割近くを占める最大級の自由貿易圏。大農業地域のEUとの自由貿易は日本の農家には打撃とみられるが、EUの通商担当閣僚に当たるホーガン欧州委員は「日欧の市民や農家、企業の利益となっている」と述べた。