日本相撲協会は31日、西前頭2枚目の若隆景関(26)=本名大波渥、福島県出身、荒汐部屋=が新型コロナウイルスに感染したと発表した。体調不良で同日朝に医療機関で受診し、判明した。保健所や専門家の指導を受けながら、濃厚接触者の特定などを進める。

 芝田山広報部長(元横綱大乃国)によると、38度を超える発熱と喉の痛みがあった。「部屋の全員、(若隆景関の)家族も含めみんな(PCR)検査をする」とし、初場所(1月10日初日・両国国技館)の出場については「どうなるか、今のところはなんとも言えない」と述べた。他の部屋の力士とは接触していなかったとしている。