柔道の2021年世界選手権が東京五輪開幕約1カ月前に当たる6月にブダペストで開催されることが30日、複数の関係者の話で分かった。国際柔道連盟(IJF)は各国・地域に通達し、6月6~13日に男女各7階級と混合団体を実施。五輪に次ぐビッグイベントが五輪直前に設定される異例の日程となった。

 IJFは新型コロナウイルス感染拡大の影響を受け、五輪予選期間を21年6月29日まで延長。世界選手権は最後の予選対象大会に組み込まれた。だが直後の五輪と連戦になった場合は選手の体重調整や体調管理が大きく懸念され、日本サイドは「どういう意図で決まったのか」などと困惑している。