【イスタンブール共同】イエメン南部の主要都市アデンの空港で30日、爆発や銃撃戦があり、AP通信によると、少なくとも16人が死亡、60人が負傷した。空港には、このほど発足したアブドルマリク暫定内閣の閣僚らが航空機で到着した直後で、閣僚らを狙ったテロの可能性がある。ロイター通信によると、さらに閣僚らが移動した大統領宮殿周辺でも爆発があった。被害状況は不明。

 アブドルマリク新首相は大統領宮殿周辺での爆発前、自身も含めた閣僚は無事だったと表明。イエメンでは、サウジアラビアの支援を受けるハディ暫定大統領の政権と、親イラン武装組織フーシ派が内戦を繰り広げている。