世界ボクシング機構(WBO)スーパーフライ級タイトルマッチ(31日・大田区総合体育館)の前日計量が30日、東京都内で行われ、2度目の防衛を狙う王者の井岡一翔(Ambition)、井岡に次ぐ日本男子2人目の4階級制覇が懸かる挑戦者の田中恒成(畑中)はともにリミットの52・1キロでパスした。

 31歳の井岡は「誰がチャンピオンかを証明する。レベルの違いを見せたい」と笑顔を交えて語った。スーパーフライ級に階級を上げて初戦となる25歳の田中は「力がみなぎる。勝って世代交代する。先頭に立ってボクシング界の新時代を引っ張っていく」と意気込んだ。