【ブリュッセル共同】欧州連合(EU)と中国は30日、企業が相手側に進出する際のルールを定める投資協定の締結で大枠合意した。EUのフォンデアライエン欧州委員長と独仏首脳らは、中国の習近平国家主席とのオンライン首脳会談で合意を確認。協定が発効すれば、世界屈指の経済圏である両者の関係は一層強化される。

 交渉開始から7年近くを要した。人権問題への懸念からフランスなどが妥結に慎重姿勢を示したが、EUは事実上、経済を優先する構え。欧中接近は、同盟国と結束し、人権や貿易を巡って中国に強い立場で臨む考えを28日に示したバイデン次期米政権の警戒を招きそうだ。