スピードスケートの全日本選手権最終日は30日、北海道帯広市の明治北海道十勝オーバルで行われ、26歳の高木美帆が女子1500メートル、5000メートルを制した。28、29日に500メートル、1000メートル、3000メートルも制しており、全5種目で頂点に立った。

 世界記録を持つ1500メートルは自身の国内最高を更新する1分54秒08、5000メートルは7分7秒33だった。2種目とも押切美沙紀が2位。

 男子の1500メートルは小田卓朗が1分45秒72、1万メートルは土屋良輔が13分14秒89の国内最高で勝った。一戸誠太郎が両種目で2位に入った。