宮崎県は30日、小林市野尻町の養鶏場で鳥インフルエンザの発生を確認したと発表した。県内の養鶏場では今季9例目。県は陸上自衛隊に災害派遣要請し、ブロイラー計約15万4千羽の殺処分を始めた。

 県によると、簡易検査で29日に陽性と判明し、遺伝子検査をしていた。高病原性の疑いがあり、さらに調べる。

 鶏の移動や搬出が制限される周辺半径10キロ以内では、養鶏場108カ所で計約422万羽を飼育している。

 同県ではこれまでに、小林市を含む4市1町の養鶏場計8カ所で高病原性のウイルス感染を確認。計約42万2千羽を殺処分した。