30日午前の東京外国為替市場の円相場は1ドル=103円台半ばで取引された。

 午前10時現在は前日比19銭円高ドル安の1ドル=103円49~50銭。ユーロは06銭円安ユーロ高の1ユーロ=126円97銭~127円01銭。

 新型コロナウイルスを巡る米追加経済対策で、トランプ大統領が要求した国民への現金給付を増額する法案に関し、米議会の上院を通過するのは難しいとの見方が拡大。ドルを売って比較的安全な資産とされる円を買う取引が先行した。

 市場では「年末で新たな取引材料が乏しく、様子見ムードが強い」(外為ブローカー)との声があった。