【ニューヨーク共同】米プロバスケットボールNBAで、流行性角結膜炎のため試合欠場が続いているウィザーズの八村塁が29日、3対3の実戦形式の練習を行った。ブルックス監督が同日のブルズ戦前のオンライン会見で公表した。30日には5対5の練習も行う予定で、監督は「復帰に近づいている」と話した。

 八村は開幕前に目の炎症を訴え、21日に約3週間の離脱が発表された。23日のチーム開幕戦を欠場するなど、今季はまだプレーしていない。