神奈川県警山手署で、管内にかつて居住していた米軍関係者の警備のための交番など、昭和時代の写真約40点が見つかった。最も古い写真は1955年の撮影。交番の正面に「POLICE BOX」と書かれ、英語併記の道路標識が写り込むなど、神奈川の戦後の歩みを示す貴重な資料だ。一部は署1階のロビーに展示している。

 横浜市の中区や磯子区の一部は戦後、米軍に接収され、軍関係者の住宅が並んでいた。写真は、手書きの地図や交番の間取り図などと一緒に署の書庫で見つかった。

 写っていたのは50~70年代当時の交番19カ所。ほとんどが木造で質素な造りであるのが分かる。