来年1月2、3日に行われる第97回東京箱根間往復大学駅伝に出場する21チームの区間エントリーが29日に決まり、総合連覇が懸かる青学大は1区にエースの吉田圭太を起用した。竹石尚人を2年ぶり3度目となる山上りの5区に据え、前回9区区間賞の神林勇太や1年生の佐藤一世はレース当日に交代可能な補欠に入れた。

 2年ぶりの総合制覇を狙う東海大は2区を名取燎太に任せ、5区に3年連続で西田壮志を配置。塩沢稀夕は補欠で控える。全日本大学駅伝覇者の駒大は2年生エースの田沢廉が2区で、主力の小林歩や1年生の鈴木芽吹は補欠登録とした。