【パリ共同】国際ジャーナリスト組織「国境なき記者団」(本部パリ)は29日、世界で報道に関連して今年死亡した記者(アマチュアや協力者を含む)は50人だったとする2020年の年次報告書を発表した。紛争地以外での犠牲者が増え、全体の68%を占めた。

 今年(12月15日集計)は新型コロナ流行で現場取材が減ったが、19年の53人から大きな増減はなかった。デモ取材中に死亡した記者が7人に上ることも今年の新たな特徴としている。

 国別で最多は、非紛争地のメキシコで8人。麻薬組織と政界のつながりを明らかにしようとする記者らが首を切断されるなど残虐な殺害行為の犠牲となった。