J1仙台は29日、新監督に今季限りでJ2長崎の監督を退任した手倉森誠氏(53)が就任すると発表した。木山隆之監督の後任となる。2013年以来の復帰となる手倉森氏はクラブを通じ、東日本大震災から10年となる来季の再登板に「さまざまな出来事とタイミングが重なったものであり、天に導かれたのだと感じています」との談話を出した。

 手倉森氏は08年から13年まで仙台を指揮し、16年リオ五輪の男子代表監督を務めた。「今季(17位と)苦しんだ仙台を立て直す責任を持ち、常々話していた被災地・東北の希望の光、復興のシンボルになるべく、もう一度、かじを取ります」と述べた。