家具・日用品大手のニトリホールディングスは29日、ホームセンターの島忠への株式公開買い付け(TOB)が成立したと発表した。ニトリは島忠の完全子会社化に向けた手続きを進める。

 ニトリはTOBを11月16日から12月28日まで実施し、議決権ベースで77・04%の応募が集まった。ニトリは今後、島忠の全株式を取得するための手続きをする。島忠は上場廃止となる見込み。

 ニトリは国内外合わせて11月20日時点の642店舗から2022年に千店に増やす目標を掲げている。島忠を傘下に収めることで、埼玉県や神奈川県など首都圏を中心に展開する島忠の店舗を活用し販売を拡大させる。