日本付近は30日から強い冬型の気圧配置となり、今季最強クラスの寒気が流入、北日本から西日本の日本海側を中心に元日にかけて、平地でも大雪や荒れた天気になる恐れがある。気象庁は29日、改めて大雪や吹雪、吹きだまりによる交通障害や、暴風、高波に警戒を呼び掛けた。

 気象庁によると、北日本や東日本から西日本の上空1500メートル付近に、平年より10度前後低い、氷点下12度以下の強い寒気が流れ込む見込み。冬型の気圧配置は元日以降も続き、北日本や東日本の日本海側を中心に大雪が続く恐れがある。

 31日午後6時までの24時間予想降雪量は、多い地域で北陸70~100センチ。