阪神の大山悠輔内野手と近本光司外野手が28日、兵庫県内で、キャッチボールやフリー打撃などで汗を流した。

 大山は来季から主将に就任。「チームのためになるのは打点。取れるだけ取りたい」と意気込みを語った。近本とは「普段からいろいろと会話している」と、2人でチームをけん引する覚悟。「(近本が)無意識にやっていることで、プラスになることがあればやろうと思う」と語った。

 来季から選手会長の重責を担う近本は、大山の打撃を見て「パワーだけじゃなくて、体重移動もすごい」と感心。100得点を目標に掲げる中「(打順が)後ろの大山にかえしてもらうしかない」と話した。