【カイロ共同】サウジアラビアの裁判所は28日、著名女性人権活動家に対し、テロ対処法違反で禁錮5年8月の実刑判決を言い渡した。地元メディアが伝えた。刑の一部を条件付きで軽減したとの情報もある。人権問題に積極的な米国のバイデン次期政権発足前に判決を出し、反応をうかがっている可能性がある。

 女性は2020年のノーベル平和賞の有力候補としても名前が挙がったロウジャン・ハズルールさんで、国際人権団体アムネスティ・インターナショナルによると、女性の自動車運転解禁などを求めていた。18年に拘束。裁判所はハズルールさんが「政府の基本方針の変更を試みた」と指摘した。