腰の負傷などにより3場所連続休場中の横綱鶴竜が28日、動向が注目される大相撲初場所(来年1月10日初日・両国国技館)へ向け、東京都墨田区の陸奥部屋で今年の稽古納めを行った。電話取材に応じた師匠の陸奥親方(元大関霧島)によると、ぶつかり稽古などで汗を流した。

 同親方は初場所について「今の時点では出る方向だと思っている。けがの状況もあるし、ぎりぎりまで様子を見ることにはなると思う」と説明した。

 鶴竜は11月場所後、横綱審議委員会から引退勧告に次ぐ注意を決議された。進退問題が差し迫る中で慎重な調整が続いている。