菅義偉首相は28日、新型コロナウイルス感染症対策本部を官邸で開き、休診する医療機関が多い年末年始に関し「受診・相談センターが24時間対応できる体制を確保する」と述べ、万全を期すよう関係閣僚に指示した。各国に広がる変異種の感染力は最大で従来型の1・7倍に上る可能性があるとして、警戒を強化。「ウイルスに年末年始はない。高い緊張感を持って対策を徹底してほしい」と要請した。

 保健所で実施している受診・相談センターの24時間化に加え、地域の医師会と連携した休日・夜間診療所や民間検査機関の対応を可能にするとした。