新型コロナの感染拡大が収まらず、政府の観光支援事業「Go To トラベル」が全国で一斉に停止された28日、年末年始の観光需要を見込んでいた旅館やホテルからは「キャンセルが止まらない」と悲鳴が上がった。新型コロナ変異種対策として、外国人の新規入国の原則停止が始まった空港の国際線は、訪日客で沸いた昨年までの景色とは一変し、閑散としていた。

 「越前ガニ」を求める客でにぎわうはずの福井市の旅館「白浜荘」のおかみ板倉美津子さんは「ほとんどキャンセル」と嘆く。スキーシーズンを迎えた山形市の蔵王国際ホテルの伊藤聖社長は「もう少し早く決めてもらいたかった」と恨み節も。