愛知県半田市で2015年、全焼した県営住宅の一室からブラジル国籍の姉妹の遺体が見つかった殺人放火事件で、現住建造物等放火容疑で逮捕されたペルー国籍の無職ラ・ロサ・ビテ・エドガルド・アントニー容疑者(34)が、姉妹を殺害した疑いが強まったとして、県警半田署捜査本部は28日、殺人の疑いで再逮捕した。

 捜査本部は、妹のアマリリア・マルヤマ・キンベルリ・アケミさん=当時(27)=から交際継続を拒まれたことが背景にあるとみて、詳しい経緯を調べる。

 再逮捕容疑は15年12月30日、アケミさんと姉アマリリア・マルヤマ・ミシェリさん=当時(29)=を殺害した疑い。