菅義偉首相は28日、全ての国・地域から外国人の新規入国を一時停止した措置について、新型コロナ変異種の国内流行を阻止するのが目的だと説明し、理解を求めた。「国民の命と暮らしを守り、先手先手で対応するためだ」と官邸で語った。

 変異種の感染対策は「これまでと一緒だ」として、手洗いやマスク着用などを徹底するよう呼び掛け、「静かな年末年始をお過ごしいただきたい」と国民に協力を要請した。

 新型コロナ特別措置法改正案に関し、飲食店などの営業時間短縮を「実効的なものにする改正は視野にある」と言及。専門家の議論を踏まえ、来年の通常国会で早期提出を目指す考えを示した。