【ニューヨーク共同】米大リーグ、ブレーブスなどで通算318勝を挙げ、ナックルボールの名手として知られた右腕フィル・ニークロさんが26日、がんとの闘病の末に死去した。同球団が27日に発表した。81歳だった。

 1964年にデビューし、67年からの14年連続を含む19度の2桁勝利をマーク。67年に最優秀防御率、74、79年には最多勝利に輝いた。ヤンキースに所属した85年に46歳で300勝を達成。オールスター戦には5度選出された。48歳だった87年限りで現役を退き、97年に米国野球殿堂入りを果たした。

 24年間の通算成績は864試合で318勝274敗29セーブ。