全国で相次いだクマの人里への出没を受け、各地で対策が模索されている。餌となるドングリを各地から集め、山にまく自然保護団体の取り組みに注目が集まる一方、生態系への影響を危ぶむ専門家も。ふるさと納税を活用し、ドングリの苗木の植栽に乗り出した自治体もある。

 一般社団法人日本ヴィーガン協会(兵庫県)は10月、千葉市や神戸市などのカフェや雑貨店でドングリを回収し、山に届ける「どんぐりすてーしょん」を立ち上げた。事業に寄付を募るクラウドファンディングは目標額の5倍が集まった。