【ニューヨーク共同】米南部テネシー州ナッシュビルで25日起きたキャンピングカーの爆発事件で、地元警察などの捜査チームは27日記者会見を開き、同州に住むアンソニー・ウォーナー容疑者(63)による犯行と断定したと発表した。爆発は同容疑者の自爆で、単独犯の可能性が高いという。

 警察などは、現場で見つかった遺体の一部のDNA鑑定などで身元を突き止めた。動機は不明という。

 爆発で通信大手AT&Tの建物も被害を受け、一部通信網が不通となったため、同社が標的だったとの見方も出ている。

 米メディアによると、同容疑者はナッシュビル郊外に居住するIT技術者だった。