ロッテの清田育宏外野手は27日、ZOZOマリンスタジアムで2度目の契約更改交渉に臨み、来季は500万円減の年俸6千万円で2年契約を結んだ。今季取得した海外フリーエージェント(FA)権を行使せず残留し「話をしっかりしてもらった。納得してサインした」と話した。

 11年目の今季は70試合の出場で打率2割7分8厘、7本塁打、23打点をマーク。「井口監督を胴上げしたい気持ちは強い。必要とされたときに結果を残せる選手になりたい」と意気込んだ。(金額は推定)