30日から強い冬型の気圧配置となり、北日本から西日本の日本海側を中心に大雪や大荒れの天気となる恐れがあり、気象庁は27日、改めて大雪や吹雪、吹きだまりによる交通障害や建物被害、暴風、高波に警戒を呼び掛けた。大雪は北日本から東日本の日本海側を中心に元日ごろまで続き、その後も断続的に続く可能性があるとしている。

 気象庁によると、30日には前線を伴った低気圧が本州付近を通過し、その後、日本の上空に強い寒気が流れ込みそうだ。大雪は西日本の日本海側で31日ごろ、北日本から東日本の日本海側は元日ごろまで続き、平地でも警戒が必要になる。