韓国情報機関の拷問捜査で「北朝鮮スパイ」の虚偽自白を強要されて服役した後、冤罪による拷問の後遺症の精神障害に苦しんだ京都市在住の在日韓国人、金勝孝(通名・金村勝孝)さんが26日、自宅で亡くなっているのが見つかった。70歳。病死とみられる。家族が明らかにした。

 1974年の連行から44年後の2018年に再審で無罪が確定したが、その後も拷問の恐怖におびえ続け、外出もできないままだったという。18年に韓国で無罪判決が出た後の取材に金さんは「今でも怖い。無罪で捕まえたんや」と口にしていた。その後も外出はできず、約1カ月前からは歩行も難しくなっていたという。