【ベルリン共同】ドイツなど欧州連合(EU)加盟国で26日、米製薬大手ファイザーなどが開発した新型コロナウイルスワクチンの接種が始まった。EU欧州委の販売承認を受け、域内では27日から接種が本格化する。ドイツの第1号は東部ハルバーシュタットの高齢者施設に入居する101歳の女性で、落ち着いた様子で接種を受けたという。欧米メディアが伝えた。

 ハンガリーやスロバキアでも26日、医療従事者らに対する接種が始まった。同ワクチンは英国で感染が広がる変異種にも効果があるとされ、欧州での感染収束に期待がかかる。