【ジュネーブ共同】米ジョンズ・ホプキンズ大の集計によると、新型コロナウイルスの感染者が26日、世界全体で8千万人を超えた。1千万人増に要した日数は15日間で、過去最短を更新。感染力が強いとされる変異種が見つかるなど新たな局面を迎える一方、米国やアフリカでも増加が目立ってきている。死者数も最悪ペースで増加が続き約175万人に上るなど状況が好転する気配は見えない。

 感染者は国別では米国が1900万人近くに上り、世界最多。インドも1千万人を超え、ブラジルが750万人に迫るなど、これら3カ国が目立って多い状態が続いている。