ハンドボールの第72回日本選手権女子第4日は26日、金沢市のいしかわ総合SCで準決勝が行われ、27日の決勝は前回大会と同じく北国銀行―大体大の顔合わせとなった。日本リーグの北国銀行は2連覇を目指し、大体大は大学勢として第38回の東女体大以来の頂点に挑む。

 北国銀行は前半途中から主導権を握り、三重バイオレットアイリスに35―23で快勝した。大体大は中山、相沢がともに2桁得点を挙げる活躍で、日本リーグのソニーセミコンダクタを32―24で圧倒。2年連続となる決勝に駒を進めた。