日本海側を中心に広い範囲で30日ごろから大雪や大荒れになる恐れがあるとして、気象庁は26日、大雪による交通障害や建物被害、暴風、高波に警戒するよう呼び掛けた。強い冬型の気圧配置により大雪は年明けまで続く恐れがある。

 気象庁によると、30日ごろに前線を伴った低気圧が本州付近を通過し、その後、上空に強い寒気が流れ込む見込み。また南西諸島でも30~31日ごろ天気が荒れ、大しけになる恐れがあるとしている。