長野県警本部に勤務していた男性警部補(59)が職務上知り得た個人情報を使って県内の30代女性に付きまとい行為をしたとして、県警がストーカー規制法違反と県個人情報保護条例違反の疑いで書類送検していたことが26日、県警への取材で分かった。

 警部補は減給10分の1(6カ月)の懲戒処分を受け、依願退職。書類送検も含め10月15日付だった。県警は事件や処分を公表していなかった。

 処分事由は、今年7月、女性の住所などを調べ、2日間、付きまといなどをしたもの。県警は、情報を知った手段の詳細や、書類送検後の刑事処分内容は明らかにしていない。