第100回全国高校ラグビー大会が27日、大阪府東大阪市の花園ラグビー場で開幕する。新型コロナウイルス感染拡大防止のため、来年1月9日の決勝まで全試合を無観客で開催。開会式も実施しない、異例の大会が始まる。

 記念大会として史上最多の63校が参加。従来の都道府県51代表に加え、全国各ブロック大会を制した9校、近年の予選参加校数が多い埼玉、愛知、福岡からは2校が出場する。12月27、28日の1回戦から前回大会覇者の桐蔭学園(神奈川)や準優勝の御所実(奈良)などシード校が登場。1月3日の準々決勝、5日の準決勝は抽選で対戦カードを決める。