怪獣、大波のどちらに見えますか―。大阪市中央区のNPO法人「True Colors」が、色覚には個人差があることを知ってもらう活動に取り組んでいる。人によって2種類の絵柄に見えるユニークなTシャツ作りの資金をクラウドファンディング(CF)で募集、このほど目標に達した。高橋紀子理事長は「色覚の違いを分かり合える社会にしたい」と話す。

 日本眼科学会によると、先天性で赤や緑が見分けづらい色覚少数派は、全国に300万~320万人いる。黒板の赤いチョークの文字が判別しづらかったり、肉の焼け具合が分からなかったりする人もいる。