【ニューヨーク共同】米南部テネシー州ナッシュビルで25日に起きたキャンピングカーの大爆発事件で、警察当局は26日、現場近くで見つかった遺体の一部を調べるなどして、謎に包まれた犯人像や動機解明に向けた本格捜査を始めた。車からは直前に爆発を予告し避難を促す音声が流れており、被害者を抑える狙いがあったとの指摘も出ている。

 警察当局によると、爆発で3人が負傷したが命に別条はない。多数のビルの窓ガラスが割れるほどの爆発規模だったが、付近住民が事前に避難したほか、休日であるクリスマスの早朝で人通りが少なかったため、人的被害が小さかったようだ。