全日本柔道連盟(全柔連)は26日、男子でパーク24所属の海老沼匡、長沢憲大、小川雄勢が同日の全日本選手権(東京・講道館)を欠場すると発表した。全柔連は「新型コロナウイルス陽性者が出たため、チームとして出場をしない」と理由を説明したが、具体的な陽性者は明らかにしていない。

 大会は新型コロナの影響で4月29日から延期され、無観客で実施。出場する全選手は大会前にPCR検査を受けた。全柔連は個人情報保護の観点から、結果を公表していない。