【チェリャビンスク共同】フィギュアスケートのロシア選手権第2日は25日、チェリャビンスクで行われ、男子はミハイル・コリャダがフリーで4回転トーループを2度決め、前日のショートプログラム(SP)に続いて1位となり、合計296・15点で3大会ぶり3度目の優勝を果たした。

 SP2位のマカル・イグナトフがフリー3位となり、合計265・37点で2位。マーク・コンドラチュクが260・31点で3位だった。