中堅航空会社スターフライヤー(北九州市)は25日、最大で約110億円の資本増強を実施すると正式に発表した。投資ファンドのアドバンテッジパートナーズ(東京)やANAホールディングス、地元企業が出資する。新型コロナの影響で業績が悪化し、財務体質の改善が急務だった。

 アドバンテッジのグループ会社が最大で約85億円、筆頭株主のANAが15億円、北九州市に本社を置くTOTOや安川電機などの地元企業が計10億円を出資する。スターフライヤーが新たに議決権のない株式などを発行し、各社が引き受ける。

 調達した資金は航空機を減らすなどのコスト削減策や借入金の返済に使用する。