岡山県が出資するトマト銀行(岡山市)が県内の自民党支部に対し、政治資金規正法に抵触する恐れがある献金をしていたことが25日、同銀行などへの取材で分かった。

 県選挙管理委員会が公表した政治資金収支報告書によると、トマト銀行は昨年2月、前岡山県知事の石井正弘参院議員が代表を務める「自民党岡山県参議院選挙区第一支部」に5万円を献金。また同銀行によると、2013年にも同支部に5万円を献金した。

 同銀行は02年に県から約5億円の出資を受け、今年3月現在も県が株式を保有する。