プロ野球ソフトバンクは25日、東浜巨投手(30)が新型コロナウイルスのPCR検査で陽性と判定されたと発表した。発熱の症状はなく、自宅療養するという。

 球団は施設利用者の全員に対し独自の定期検査を義務づけており、東浜は21日の検査が24日に陽性と判定された。25日に病院で改めて検査し、陽性が確定した。福岡県筑後市のファーム施設でリハビリ組での調整をしており、20日に受けた検査は陰性だった。

 球団では濃厚接触の疑いがある3人のスタッフを自宅待機させ、保健所の判断を仰ぐとしている。20、21日に検査した他の選手、スタッフは陰性だったという。