安倍晋三前首相は25日、「桜を見る会」前日に後援会が開いた夕食会の費用補填問題を巡り「説明責任を果たすことができたのではないか。知り得る限りのことは全て話した」と述べた。次期衆院選への自身の対応に関し「出馬して国民の信を問いたい」と明言した。衆参両院の議院運営委員会に出席後、国会内で記者団に語った。

 同時に、議運委での野党からの議員辞職要求について「厳しい声を胸に刻み、国会議員として国家、国民の期待に応えられるよう全力を尽くす」とした。