日本ラグビー協会は25日、東京五輪に出場する7人制女子日本代表の稲田仁ヘッドコーチ=HC=(37)が退任し、元15人制男子日本代表でニュージーランド出身のハレ・マキリ氏(42)が後任に就くと発表した。

 オンラインで記者会見した本城和彦強化委員長は「メダル争いの土俵に到達していない。もう一段階地力を上げる必要がある」と説明。本番まで約7カ月という時期での交代となったが、新型コロナウイルス禍で段階的に再開してきた活動が本格化したことなどを踏まえ「このタイミングが最適かつ(代えるなら)最後」と述べた。