25日午前の東京株式市場の日経平均株価(225種)は前日終値近辺で推移した。前日の米株高を好感した買い注文と、新型コロナウイルス感染拡大を懸念した売りが交錯した。中国政府のインターネット産業統制強化の動きや、米追加経済対策を巡る与野党協議の難航も警戒された。

 午前終値は前日終値比8円36銭安の2万6659円99銭。東証株価指数(TOPIX)は2・19ポイント高の1776・46。

 前日のニューヨーク株式市場は英国と欧州連合(EU)の自由貿易協定(FTA)締結交渉合意を受け、ダウ工業株30種平均が上昇。東京市場でも追い風となった。