新型コロナウイルスの感染拡大で揺れた2020年も、あと6日。一部の自治体や企業は25日、一足早い仕事納めを迎えた。「大変」「あっという間」。さまざまな声が聞かれたが「来年は落ち着いた年になってほしい」との願いは共通だった。

 28日に仕事納めを迎える富山県。例年は仕事納めと同じ日に実施する「執務納め式」を、25日に開催。「年末年始の休暇や帰省を分散させることが目的」(新田八朗知事)という。コロナ対応に追われる健康課の男性職員は「あっという間に年末。1年を振り返る余裕もなかった」。同課は年末年始、交代で勤務に当たる。