【ベツレヘム共同】イエス・キリストの生誕地とされるヨルダン川西岸のパレスチナ自治区ベツレヘムで、24日夜から25日にかけてクリスマス恒例の深夜ミサが行われた。今年は新型コロナウイルスの感染対策として規模を縮小。市中心部の聖カテリナ教会からオンラインで生中継、世界各地でキリスト教徒らが祈りをささげ、コロナの早期収束を願った。

 ベツレヘムは例年、クリスマスイブに数千人の巡礼・観光客を迎える。市中心部の広場には巨大ツリーが設置され、黒山の人だかりとなるが、今年は閑散。聖歌隊などの姿もほとんどなかった。